ジローレストランシステム株式会社

ジローレストランシステム株式会社

1955年に神田神保町にシャンソン喫茶『ジロー』を開業し、1973年にジローレストランシステム株式会社を設立。

イタリア料理を提供するリストランテ、トラットリア、さらには洋食屋やカフェなど、世界の食文化を創造し紹介するためにレストランチェーンの多業態展開を行う一方で、ケーキ・クッキー・パンの商品開発・製造販売などフードビジネス関連事業も行なっています。

※“ green “ 提供店舗
  ・PIZZARIA LA VALLE di TOKYO
  ・Palermo 恵比寿店

<会社情報>
社名    ジローレストランシステム株式会社
本社所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-24
      東建長井ビル4F
代表者   代表取締役社長 佐藤 治彦
事業内容  外食レストランチェーンの運営・洋菓子の製造販売
      ワインのネットショップの運営

こだわり

  • 店舗近隣の新規顧客の開拓を行うことができました。
  • ランチ以外での利用への集客効果にも期待ができています。

ジローレストランシステム株式会社 営業本部営業推進マネージャー 大石橋 明彦様へお話を伺いました。

ジローレストランシステム株式会社 営業本部営業推進マネージャー 大石橋 明彦様へお話を伺いました。

Q1.greenを導入した理由を教えてください。

福利厚生のひとつとして近隣の方々がお得にご利用いただけるという事もあり、店舗の宣伝・告知としての効果や新規顧客の開拓につながるのではと感じた事が導入理由のひとつです。

通常のグルメサイトなどは「広く・浅く」というイメージですが、greenを導入・アプリ内で掲載される事で、店舗の周辺にお勤めの方々にピンポイントで宣伝告知を行えるメリットは大きいと感じました。

Q2.導入後の反響はどうでしたか?

green利用のお客様は近隣企業の方ですが、「はじめて来店・利用した」という方のみだったので、導入したばかりで大幅なランチ客数の増加とまでは至っていないものの、集客効果としてはとても実感できています。

greenを通してアプリ内メニュー以外の売上増や、他の時間帯への需要拡大につながってほしいと思っています。

Q3.greenアプリの使いやすいさはどうですか?

アプリ上の画面を確認する程度の作業しか店舗側では行わないので、ランチピークタイムでお会計の順番待ちができる様なタイミングでも比較的スムーズに処理ができるのはよいと感じます。

Q4.他媒体と比較してgreenはどう思いますか?

ターゲットを絞った宣伝ができるので、費用対効果としては高い成果を上げられると思います。

Q5.greenを検討している飲食店へ一言お願いします。

ビジネス街のランチタイムは、固定客を作りやすい反面、新規顧客の開拓が難しい面もあると思います。

greenを導入する事で、ターゲットを絞った宣伝をする事ができ、ピンポイントでお客様を店舗まで誘導する事ができるのでメリットは大きいです。

お客様にとってもお得に食事ができて、店舗にとっても負担無く集客につなげられると思います。

ありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。