フードデリバリーの副業型クラウドキッチンサービスを開始しました。

社食シェアリングサービスgreenを運営する株式会社タベルテクノロジーズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中勇樹、以下:タベルテクノロジーズ)は、フードデリバリーのクラウドキッチンサービス事業(https://lp.green.work/oja-cloudkitchen/)を開始致します。

 

■ 事業内容
今回開始した新事業は、Uber Eatsで『売れている』メニューをパッケージ化し提供致します。

一般的には食材の仕入れから完成までデリバリーまでのオペレーションは多数の手順があるものですが、今回の新事業である“仕込み済みのパッケージ食材”を1〜3分で調理する事で仕込みやメニュー考案、追加スタッフも不要の簡単なオペレーションの実現を可能にしました。

タベルテクノロジーズが以前より行なっていたUber Eatsのコンサルティング事業で培ったノウハウを活かし、新たなカタチで飲食店の売上をサポート致します。

新事業サービスサイト:https://lp.green.work/oja-cloudkitchen/

 

■ 背景
新型コロナウイルス感染拡大に伴い中食需要が増加し”フードデリバリー市場“に注目が集まる一方で全国17,000店舗の加盟店を抱えるタベルテクノロジーズはUber Eatsのコンサルティングを行うなかで見えてきた

「多くの飲食店がデリバリーを行うようになったことで差別化が難しい」
「Uber Eatsに登録しても何をすれば売り上げが伸びるか分からない」
「どんなメニューが売れるかが分からない」

といった売れるメニュー・仕組みが分からず売上に繋がっていないという課題に気づき、それらを解決すべく今回の新事業に開始に至りました。

 

■ 副業型クラウドキッチンの特徴
①簡単なオペレーション
注文から1~3分で完成するように食材の仕込みを済ませてあります。

②主要ファストフードに匹敵する売上
席数や店舗面積に頼らない新しい売上構築を提案致します。

③安心の運用サポート
契約〜開店後の困りごとまで手厚くサポート致します。

 

■ 商品事例
都内に22店舗で提供中のヘルシーサラダ『究極のブロッコリーと鶏むね肉』
売上:月120万〜200万円

鶏むね肉とブロッコリーをピック後、レンジアップするだけ。
調理時間1〜3分の簡単オペレーションで
ランチタイムのみで1日の売上4.5万円以上の実績があります。

 

都内3店舗で提供中の豚丼『豚首領』
売上:月300万円以上

豚肉をフライパンでさっと調理するだけ。
調理時間2分の簡単オペレーションで ランチタイムのみで
月間300万円以上の実績があります。

 

OJAクラウドキッチンについてのお問い合わせはこちら