株式会社フォーイット

  • 従業員同士のコミュニケーションの機会も増え、モチベーション・従業員満足度の向上にも繋がっています。

経営管理部「坂本 侑子」様へお話しを伺いました。

経営管理部「坂本 侑子」様へお話しを伺いました。

Q1.greenの提案を聞いた時、どう感じましたか?

営業職など外出が多い従業員の食事補助として、また内勤の従業員のリフレッシュや従業員同士のコミュニケーションの場としてなど、ニーズにあった活用が出来るのではと感じました。

Q2.ズバリ導入を決めた理由を教えてください。

お弁当・お菓子・お惣菜など社内向けの食事補助制度はすでに導入していますが、外食・コンビニ等利用者向けの食事補助制度がなかったことが導入の一番の決め手です。

金額設定についても導入時点でヒアリングの上設定してくださるので、導入後に管理面での手間も最小限のため導入に踏み切りました。

Q3.導入後の社内反響はどうですか?

普段は外食を利用しない従業員も「greenが使えるから」という理由で外食をするようになりました。

外食という機会を作ることで、従業員同士のコミュニケーションの機会も増え、モチベーション・従業員満足度の向上にも繋がっています。

また、食事補助は月の上限が決められているため、各自のスタイルに合わせて福利厚生を有効活用できるなど、他の食事補助との相性もよいところが魅力です。時間があるときはgreenで同僚と外食、簡単に済ませたい日は社内でお弁当など使い分けができるようにしたことで利用率が上がりました。

Q4.greenアプリの使いやすさはどうですか?

MAPで周辺の飲食店とメニューを検索できるため、今まで知らなかった飲食店を発見出来てとても便利です。

全てのメニューが写真付きで掲載されているのでその日の気分で食べたいものを選べますし、注文してイメージと違ったということがないので安心して利用できています。

自己負担分は従業員が現地決済となりますので、管理者は月末の利用数をチェックするだけで管理がとても楽です。また、チェーン店での展開やお店のリクエストなど企業の意見にも耳を傾け、柔軟に対応してくださっているのでとても助かっています。

Q5.greenを検討している企業に一言お願いします。

単純に食費補助するだけではなく、コミュニケーションの場の提供と従業員満足度も期待できるところがとても魅力に感じました。

働き方が多様化している今、働き方やニーズに合った制度導入していくことがよりよい環境づくりにつながると思いますので、オフィスの外でも利用できる福利厚生制度として、greenはとても良いサービスであると感じます。

ありがとうございました。今後も宜しくお願い致します。